MENU

便秘の原因から分かる!乳酸菌革命が支持される理由!

 

毎日、快調に便が出ない。排便回数には個人差がありますが一般的には排便が週3日未満を便秘といいます。 お腹はガスで張るし、頭は痛くなる。吹き出物まで出てきて体も気分も重くなります。 便が出ても何かお腹がスッキリしなかったり。一体何が原因なのでしょう。

 

 

【便秘にも種類があります】

痙攣(けいれん)性便秘

腸の運動が活発すぎて便を早く移動させてしまい、 腸で水分が吸収されず柔らかいまま排泄され下痢となります。また、腸が活発に動きすぎて上手く 腸内を便が移動できずに溜まってしまい便秘と下痢を交互に繰り返します。ストレスの多い人にみられる種類です。

 

 

弛緩(しかん)性便秘

腸の運動が不活発のため便を肛門まで運べず、腸内に長く留まり水分だけ 腸に吸収されてしまい便が固くなっていきます。運動不足やダイエットなどで食事量が少なかったり、水分不足などで起こります。

 

 

直腸性便秘

便が直腸まで来ているが便意を感じないので溜まっていき上手く排泄できません。 便意を我慢すると排泄のタイミングを逃してしまい便意が消えてしまいます。

 

 

【便秘と下痢は腸内細菌のバランスが原因】

日々の偏った食事や運動不足、ストレスなど生活習慣の乱れから腸内細菌の善玉菌、悪玉菌、日和見菌のバランスを 壊してしまいます。善玉菌が減る原因は加齢によるものが一番なのですが、肉類などの脂質、たんぱく質の食べすぎ、 野菜や果物などの食物繊維の不足も大きな原因にあげられます。

 

 

悪玉菌の好物は肉類やお菓子などの脂肪分の多い食べ物なので、 これらを摂りすぎると悪玉菌を増やすことになり腸内環境を乱す原因となります。そのため便秘や下痢が起こります。 腸内に悪玉菌が多い状態になると、腸の動きが不活発になるので食べた物のカス=便が長時間体の中に留まります。 それを増えた悪玉菌が腐敗させガスを発生させます。そのガスは腸から吸収され体内を巡り、肌荒れや口臭を引き起こします。

 

 

便秘になると吹き出物ができたり、口臭、体臭が強くなるのはそのせいなのです。 では、乱れてしまった腸内細菌のバランスを戻し腸内環境を改善するにはどうすれば良いのでしょう。

 

 

【善玉菌の好物は乳酸菌】

腸内細菌のバランスを戻すには、脂肪分の多い食べ物は控えて食物繊維を多くとり、適度に運動をする。そして善玉菌のもととなる乳酸菌を増やしてあげることが大切です。 大好物「乳酸菌」を食べることで効率よく腸内環境の改善ができます。 ただ乳酸菌も人により合うのと合わない種類があるので、たくさんの種類が一度に摂れるものが良いでしょう。 そして「乳酸菌を生きたまま腸に届ける」ことがとても大切なのです。

 

 

そこで注目されているのが「乳酸菌革命」です。3大乳酸菌の「ビフィズス菌」「ラブレ菌」「ガゼリ菌」を含む16種類の乳酸菌を 1粒で摂ることができるのです。乳酸菌は酸やアルカリに弱く腸に届く前に半数は死んでしまいますが「有胞子乳酸菌」という耐熱性に優れた強い乳酸菌を「酸に強いカプセル」に入れることで腸まで無事に届けることができます。

 

 

忙しくて運動する時間がない、たくさんヨーグルトを食べるのはカロリーが気になる方に1粒1.36カロリーの「乳酸菌革命」が支持されているのです。 乳酸菌で善玉菌を増やして腸内環境をより良く改善し、便秘、下痢、肌あれなどからスッキリ爽快な毎日に変えていきましょう。

 

 

このページの先頭へ