MENU

なぜ下痢には乳酸菌革命がおススメなのか?その理由を徹底解説!

 

下痢で悩む人に乳酸菌革命は大きく貢献してくれます。下痢を引き起こしてしまう原因は複数ありますが、腸内環境が乱れている状態が続くと下痢になりやすいので、下痢の原因を解明し、腸内環境の整え方、乳酸菌を効果的に摂取する方法を紹介します。

 

 

【下痢の原因には色々あるが、腸内細菌のバランスが深く関わっている】

下痢を引き起こしてしまう原因は腸内細菌のバランスが悪くなっているからです。食べ過ぎによる下痢、何かを食べたらすぐ下痢になるので下痢体質なのだと思い込んでしまう人も多いですが、腸内にある細菌のバランスが崩れてしまい、本来の機能を果たせなくなってしまったことが下痢につなげてしまいます。

 

 

体質というよりも、腸内細菌のバランスが崩れたことで腸そのものの機能が低下し、消化器官が弱くなったことで下痢を引き起こしやすい状態になってしまったということです。

 

 

腸内細菌のバランスが正常な状態というのは腸内に棲む善玉菌と悪玉菌の割合で善玉菌が優勢です。しかし、腸内細菌のバランスが崩れてしまうと善玉菌と悪玉菌の割合で悪玉菌が優勢となり善玉菌が上手く働かず、腸の働きが低下させ、正常な消化吸収を邪魔します。なので、腸内細菌のバランスを整え、善玉菌が優勢に傾けることが腸内細菌バランスを整える上で意識することです。

 

 

【下痢を治したいなら腸内環境を整えることが大事】

腸内環境を整えることは、腸を正常に働かせることができ、下痢を引き起こしにくくしhます。腸内環境が良い状態だと、腸の蠕動運動が活性化され、正常な機能を果たすことができます。下痢になりやすいのは腸内細菌のバランスが崩れ、悪玉菌が優勢の状態となることで腸内環境が悪化してしまうことにあります。

 

 

腸内細菌の善玉菌と悪玉菌の割合を適正にして、善玉菌が働きやすいようにすることが腸内環境の改善につながり、下痢の解消に導きます。そして、腸内環境を整えるのに必要なのが乳酸菌です。乳酸菌を意識的に摂取することで腸内の活性化にもなり、腸内細菌のバランスを整え、腸内環境を改善してくれます。

 

 

【ヨーグルトを食べるよりサプリメントで手軽に乳酸菌を摂取するのがお勧め】

腸内細菌のバランスと腸内環境の改善に必要不可欠な乳酸菌を効果的に摂取するには乳酸菌配合のサプリメントを活用することです。乳酸菌を摂取するというとヨーグルトを食べれば良いと思う人が多いです。ですが、ヨーグルトは乳糖不耐症の方が食べ過ぎてしまうとヨーグルトに含まれている乳糖を分解する酵素を持っていないために、乳糖に反応して下痢を引き起こしてしまうことがあるのです。

 

 

乳糖不耐症は自覚症状が少ないので、ヨーグルトを食べて下痢になるけど下痢になりやすい体質だから仕方ないと思っていると実は乳糖不耐症であったというケースが多いです。さらに、ヨーグルトと自分の腸内環境と相性が合わないということもあります。

 

 

乳酸菌には色々な種類があり自分のお腹と合わないものも存在します。自分の身体に合っていないものを食べ続けるとかえって腸内環境が悪化してしまい、下痢を引き起こしやすくなります。なので、ヨーグルトは体質によって合わない可能性もあるのでヨーグルトで乳酸菌を摂取するよりも、サプリメントから摂取する方がお勧めなのです。

 

 

サプリメントは小さなカプセルにさまざまな乳酸菌が配合されているので飲むだけで乳酸菌を効率的に腸に届けることができます。乳糖不耐症の方でも安心して摂取できるのもサプリメントをお勧めする理由です。乳酸菌をサプリメントから摂る方が身体の負担も少ないです。特に「乳酸菌革命」は16種類ものの乳酸菌を一気に摂れるのでより効率良く、手軽に乳酸菌を摂取できます。

 

 

このページの先頭へ