MENU

過敏性腸症候群と診断された私が乳酸菌革命を試す!口コミだけでは分からない真実とは!?

 

「過敏性腸症候群」は心身のストレスによって下痢や便秘を繰り返す疾患で、腸自体に特別な異常が見つからないのが特徴です。中でも男性は下痢症状が多く、「体質的にお腹を下しやすい」と思っている人の多くがこの疾患を抱えていると言われています。

 

 

私も腹痛を伴う下痢に悩む一人でした。子供の頃からお腹を下しやすかったのに加え、外回りの多い仕事で生活リズムが乱れやすいことも原因かもしれません。病院の検査では異常が見つからず「過敏性腸症候群でしょう」と告げられたのですが、肝心の治療法については「整腸剤で症状をコントロールしましょう」と言われるのみ。「ずっと厄介な症状と付き合っていくしかないのか・・」と落ち込んでしまいました。

 

 

そんな時に知人から教えてもらったのが「乳酸菌革命」というサプリです。乳酸菌革命は、16種類の乳酸菌を配合したカプセル状のサプリメントで、

 

  • ビフィズス菌をはじめとする16種類の乳酸菌が腸内環境を幅広くサポートしてくれる
  • 生きたまま腸へ届く乳酸菌を使用
  • 添加物不使用で敏感な腸にもやさしい作り

 

といった特徴があります。

 

 

私はあまり腸内環境と向き合ってきませんでしたが、テレビやネットで調べてみると、乳酸菌の種類によっては便秘や下痢を解消できるだけでなく、過敏性腸症候群の原因であるストレス自体にもエビデンスがあると話題になっています。

 

今では私自身も乳酸菌革命の愛用者ですので、私と同じような症状に悩んでおられる方へ当サプリメントの効果や続けやすさ、より良い調子にするコツなどのリアルな声をお届けできればと思います。

 

 

≪あなたの理想を叶える乳酸菌革命≫

過敏性腸症候群の私が実感したポイント!便の硬さや形の変化は?

 

私が乳酸菌革命を飲み始めて約3か月になりますが、開始してから以下のような変化がありました。

 

 

飲み始めて3日後・・泥状便だが排便後はスッキリ

乳酸菌革命を飲んで3日後に1日3回も排便があり、それもかなりの量が出ました。水気の多いドロドロの便でしたが下痢特有のだるい感じは残らず、全部出し切るとお腹がスッキリしました。

 

 

1週間後・・便に形が出てきた

飲み始めて1週間たった頃から、それまで便器の水にバラバラに溶けていた便がある程度形を保つようになってきました。

 

 

2〜3週間め・・柔らかめの長い便が出るようになった

2週間たつ頃、かなりもろい感じではありますが、1本の長い便が出ました。久しぶりに形のまとまった便が出て嬉しかったです。それからしばらくはバラバラの軟便と柔らかい固形便の間を行ったり来たりという感じでした。この頃から便のべとつきが減り、トイレでお尻を拭く回数が減ってきたのを実感するようになりました。

 

 

1か月後・・ついにバナナ状の1本の便が出た!

乳酸菌革命を飲み始めて約4週間後の朝、ついに太く程よい固さの便が出ました。便意も突然激しく起こったわけではなく、「あ、出そうだな」と思ってトイレに向かい便座に腰かけると、程なくスルンと出た感じでした。下痢や軟便だと、便を出し切るまではお腹の不快感が続くのですが、そのようなモヤモヤ感もほとんどなくビックリしました。

 

 

飲み始めて2か月以降の状況

乳酸菌革命を始めて2か月経った頃から、排便は1〜2日おきと安定しています。便の状態は少々ゆるめ〜バナナ状の間を行ったり来たりという感じ。腹痛や排便のストレスがなくなったせいかイライラすることもなくなり、気持ち的にも落ち着きが出てきたように感じます。また、お腹のゴロゴロ感やガス溜まりがなくなり、仕事中や通勤中にハラハラすることもなくなりました。

 

 

かくして乳酸菌革命は私の力強い味方となりました。1日に飲む量を加減できるので、便がゆるい時期や食べ過ぎた時には量を増やすなど、体調に応じて調節しながら続けています。

乳酸菌革命に感じたデメリットは?

 

私が乳酸菌革命を購入するにあたって気になった点はこちら。

 

 

飲むことによってお腹を下すのではないか?という不安

以前にヨーグルトを食べて下痢になったことがあったので、乳酸菌が腸を刺激して下痢がひどくなるのでは?」という不安がありました。確かに飲み始めてから便がゆるくなることはありましたが、激しい下痢まではいかない程度でした。

 

 

もしかすると乳酸菌自体は関係なく、腸が冷たいものに刺激されてお腹を下してしまうのかもしれません。乳酸菌革命を常温の水から、ぬるま湯に変えて飲むように気をつけたら、飲んだ後にお腹がゴロゴロするようなことはありませんでした。

 

 

毎日忘れずに飲まなければならない

乳酸菌革命の菌は腸に定着することなく排出されてしまうので、日々新しい乳酸菌を補充していく必要があります。毎日忘れずに飲み続けられるか心配でしたが、最初の内は寝る前にキッチンのテーブルにサプリメントとコップを出しておいて、朝食時に気が付くように工夫していました。

 

 

サプリメントに慣れていない人は継続するにはある程度工夫が必要かもしれませんが、一旦飲む習慣が定着してしまえば洗顔や歯磨きのようにごく自然に続けられるようになると思います。

 

 

 

下痢止めのような即効性がない

サプリメントなので当然のことかもしれませんが、じわじわと効果を発揮するものなので、ストッパなどのように激しい下痢を立ちどころに治めるような効果はありません。飲み始めの内は、突然の腹痛に備えて薬も携帯しておかないといけないのが少々面倒でしたが、腸内環境が安定するにつれて結果的に腹痛の心配自体が無くなっていきました。

 

 

乳酸菌革命で腸内環境が安定するまでは整腸剤や下痢止めの力を借りることも必要になるのですが、薬に頼る回数が徐々に減っていくことでより実感できると思います。

 

数あるサプリの中から私が乳酸菌革命に決めた理由

 

私が乳酸菌革命を選んだ一番の理由は、様々な効能を持つ乳酸菌が16種類も配合されていることです。乳酸菌は菌種によってその人に合う・合わないがあり、効果も様々なので、複数の菌種を摂ることがとても大事なのです。特に私のような過敏性腸症候群のケアには、「腸内環境の改善」に加えて「ストレス対策」も重要なポイントでした。

 

 

乳酸菌革命は他社のサプリメントと比べてもダントツに菌種が多く、悪玉菌抑制や整腸作用、ストレス軽減効果のある菌種を複数摂ることができるので、双方の高い効果が期待できると思ったのです。

 

 

また、カプセルを飲むだけで良いという手軽感も大きな魅力でした。仕事上外食や飲み会などが多いので、食事の工夫による腸活は続けにくいと感じていました。普段の摂取量は1日2粒ずつですが、前日に飲んだ朝などお腹の調子が不安な時は予防的に3〜4粒飲んだり、職場や外出先で追加したりできるので便利です。

 

 

多めに飲んだとしてもカロリーや添加物の心配がなく、価格も1粒44円〜とリーズナブルなことも嬉しいポイントでした。私のように仕事場と家を行き来するだけの毎日でも続けやすく、ストレスに過敏な腸を総合的に元気にしていってくれる様々なメリットに魅力を感じ、購入に至りました。

乳酸菌革命の使用感レポート!飲み方のコツも紹介!

 

私が乳酸菌革命を使用している様子を紹介します。飲み続ける中で身に付いたコツなどもありますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

 

 

 

乳酸菌革命のパッケージ

 

まずは乳酸菌革命のパッケージを紹介します。大きさはハガキよりやや小さいくらいです。チャック付きなので密封保管でき、鞄にそのまま入れて持ち運ぶこともできます。私は職場にも持って行くんですが、ピルケースに入れ替えたりしなくていいのは結構嬉しいポイントですね。

 

 

パッケージ裏面には成分表示や飲み方が書いてあります。乳酸菌の他にも色々な成分が含まれていますが、オリゴ糖や食物繊維など、乳酸菌の働きを助けるもののようです。化学性の添加物は見当たらず、安全性に対するこだわりが感じられます。

 

 

 

カプセル

 

乳酸菌革命のカプセルはこちら。ちなみに原料はHPMCという植物由来のものです。透明なカプセルで、中の白い粉末が見えます。指でつまんだ感じは硬めでしっかりしています。

 

 

 

飲むタイミングは朝食後がオススメ

 

パッケージには1日2〜6粒を目安に、そのまま水などと共にお召し上がり下さい」と書かれています。飲むタイミングは基本自由なのですが、私は朝食後に飲むようにしています。

 

 

  • 朝食は毎日決まった時間にとりやすいので摂取のリズムが保てる
  • 食後に飲むことで、胃酸の影響がより軽減される

 

 

などの理由から、少しでも効果を高めたい!と思ってこうするようになりました。

 

 

飲む時のコツ

カプセルを飲む時は、常温の水かぬるま湯で飲むようにしています。腸が冷たいものに過敏なので、冷水だとお腹を下しやすくなるからです。腸活の為に白湯を飲む方もいると思いますが、熱いお湯はカプセルを溶かしてしまうおそれがあるので、サプリを飲む際には控えた方がいいでしょう。

 

 

<総評:持ち運びしやすく、腸の弱い私にも継続しやすかった>

飲み始めた当初はお腹を壊さないか不安もありましたが、飲み方を工夫することで全く問題は出ませんでした。また、お腹を下しやすい出張時にも鞄にポンと入れて持って行けるのは助かりました。持っているだけでなんとなく安心感があり、ちょっとしたお守りのような存在になっています。

 

 

ネットの口コミを調査!過敏性腸症候群への効果やいかに!?

 

「乳酸菌革命で便秘が解消した!」という口コミはネット上で数多く見つけることができますが、私と同じ過敏性腸症候群の下痢症状の方にはどんな効果が表れたのでしょうか?下痢症状を抱えるユーザーの本音に焦点を当てて調べてみました。

 

 

1日2粒飲んでいたら、3週間目からバナナ状の便が出るようになった!
乳酸菌革命を飲み始めて1〜3日間は特に変化なし。4日目から便のべとつきが減ってきたように感じ、だんだんと排便がスムーズになっていった。その後、何度か下痢気味に戻ることもあったが、3週間たった頃からバナナ状のつながった便が出るようになった。

 

1日3粒。夫の下痢が1か月で治った!
夫が過敏性腸症候群の下痢で、通勤時や会議中などに頻繁に下痢に襲われていた。
乳酸菌革命を1日3粒飲んでもらった所、1週間後に宿便のような黒い便が大量に出た。その後も便がゆるくなることはあったが、1か月後にはトイレにかけこむようなことがなくなってきた。3か月経った現在では毎朝排便できるようになった。下痢の不安がなくなったからか、性格も穏やかになった気がする。

 

飲み始めてからかえってお腹がゆるくなり、やめてしまった
下痢の改善の為に乳酸菌革命を飲み始めたが、2日目から下痢になってしまった。その後も何度かお腹がゆるくなったので、他のサプリメントに切り替えてしまった。

 

2週間飲んでみたが特に変化なし。整腸剤の方が効くかも?
急な腹痛や下痢に悩んでいたので乳酸菌革命を飲み始めたが、症状が出ない日はつい飲むのが面倒になった。下痢の時は整腸剤で治めたので飲む習慣がなくなってしまい、リピートはしなかった。

 

 

以上のようなレビューから、「下痢が改善された」と答えた人は、数週間は様子を見ながら飲み続け、その中で徐々に効果を実感していった事が分かりました。また、飲み始めて日が浅い内はかえってお腹がゆるくなることもあったようです。この現象は「効果が感じられなかった」と答えた人の中にも見られました。

 

 

これは腸内に乳酸菌が急激に増えたことで起こる一時的な反応と考えられます。下痢に苦しむ人はどうしても「今すぐ治したい」「整腸剤のような即効性が欲しい」と思うものですが、腸内環境が改善されてから安定するまでにはある程度の期間が必要なので、数週間であきらめずに長い目で取り組む必要がありそうです。

 

 

≪あなたの理想を叶える乳酸菌革命≫

そもそも過敏性腸症候群の原因って?

 

過敏性腸症候群は、心身のストレスが引き金となって起こります。心身の緊張状態が続くと、脳は体をリラックスさせる「セロトニン」という神経物質を大量に分泌するよう命令を出します。セロトニンは腸管運動を促進する働きもあるので、分泌異常が起こると腸管が急激に収縮してしまい、腹痛を伴う下痢が生じるのです。この腸管の誤作動が反対に排便を妨げ便秘に転じることもあります。

 

 

このようなトラブルが脳に伝達されるとそれが新たなストレス源となり、消化管の知覚過敏を引き起こして腹痛や下痢を繰り返す悪循環に陥ってしまいます。

 

 

このような過敏性腸症候群のメカニズムには、腸内環境の乱れも大きく関与しています。

 

 

実は脳内のセロトニンのもとは腸で作られており、腸内善玉菌の働きによって脳に届けられているのです。腸内悪玉菌が多く善玉菌が少ないとこの機能が不安定になり、心身がストレスに耐える力が弱まるので、「もっとセロトニンを作れ」と過剰に命令するのです。

 

 

つまり、腸内環境悪化が脳のストレス耐性を脆弱にし、間接的に過敏性腸症候群を引き起こしているのです。ささいなことでイライラする、疲れが取れにくいという方は、腸内環境も改善していくことが大切です。

 

私が乳酸菌革命を選んだ理由

 

過敏性腸症候群の私が乳酸菌に頼ろうと思い立ったのは、「下痢止めや整腸剤による対症療法に留まっていては、一生治らない!腸内環境から根本的に治したい!」という気持ちからでした。

 

山ほどある乳酸菌サプリの中から乳酸菌革命を選んだのは、次のようなメリットがあったからです。

 

 

1粒あたり500億個の乳酸菌が含まれている

乳酸菌革命には、1粒あたり500億個の乳酸菌が含まれています。これを1日2粒の標準摂取量で換算すると、大きなプレーンヨーグルトを2〜3個食べるのと同じ量の菌を1回で摂取できるということになります。毎日そんなに大量のヨーグルトを食べるのは相当ハードですし、カロリーも気になります。乳酸菌革命なら手軽に大量の乳酸菌を摂ることができるのが魅力でした。

 

 

整腸作用のある乳酸菌を中心に、16種類の菌種がバランスよく配合されている

乳酸菌革命には16種類もの菌種がバランス良く配合されています。なぜ菌種が多いのが良いかというと、自分の腸内環境に合う乳酸菌を効率よく摂取できるからです。

 

 

中でも魅力を感じたのが、整腸作用やストレス軽減作用のある菌種が豊富に含まれていること。整腸剤にも使われる「ビフィズス菌・アシドフィルス菌」、疲労やストレスを軽減する「ヘルベティカス菌・ガセリ菌」など、過敏性腸症候群の原因に効く菌種のバリエーションが豊富です。

 

 

その他にもビフィズス菌を増やす「カゼイ菌」など、様々な働きを持つ菌を一度に摂れるので、菌同士の相乗効果も期待できます。

 

 

「有胞子性乳酸菌」をカプセルでガードする2重構造で、生きた菌が腸へ届く

口から入った乳酸菌は胃酸や胆汁などに弱く、そのままの姿では腸に届くまでに死滅してしまいます。乳酸菌革命に使われる乳酸菌は胞子の殻に包まれているので、死滅することなく腸まで届きます。さらにこの胞子を耐酸性のカプセルに包むことで、より守る力をアップさせています。

 

 

乳酸菌の活動に必要なオリゴ糖や食物繊維も含まれている

乳酸菌が活動する為にはエネルギー源も必要です。乳酸菌革命には菌のエサとなるオリゴ糖や菌の活動を助ける食物繊維も含まれており、菌の効果をより高められるようになっています。

 

 

腸を刺激する添加物が含まれていない

腸が敏感な私にとって、化学添加物の刺激は非常に気になる所でした。乳酸菌革命は化学添加物不使用で、子供や妊婦さんも飲み続けられるので安心です。

 

 

その他にも様々な魅力があります。

 

 

カロリーや糖質が少ない
常温保存&持ち歩けるコンパクトサイズで、そのまま職場や出張に持って行きやすい
1日分が88円〜とお手頃価格で継続しやすい
リピーター率が85.7%と多く、8年間で60万以上の販売実績がある

 

 

このようなメリットに加えて、販売後も研究を重ねて製品改良が行われている事がメーカーの信頼につながり、購入の決め手になりました。

 

 

 

乳酸菌革命を購入できる店舗は?

 

乳酸菌革命を購入するには、ネット通販が唯一の方法です。薬局やドラッグストアでは販売されていないようです。また、ネット購入は公式サイトでの直販のみとなっています。

 

 

「乳酸菌革命 通販」のワードで検索してみたら複数の販売サイトが引っかかりましたが、いわゆる転売のような形で、公式に委託された販売形式ではないようです。このようなバイヤーの品は適切に保管されたものか分からず、品質も保証されません。また、値段も利益が上乗せされているのか、公式より割高になっていることがほとんどでした。

 

 

公式サイトの価格は以下のようになっています。

 

1袋(1か月分:62粒)

2,880円(税込、送料別)― 1粒あたり約93円+送料

 

5袋セット(1か月分×5)

13,650円(税込、送料無料)― 1粒あたり約88円

 

定期コース(1か月分)

2,730円(税込、送料無料) ― 1粒あたり約88円

 

 

ちなみに定期コースにはこのような特典が付いています。

 

  • ルイボスティープレゼント(初回申込み時)
  • 初回以降も送料無料
  • 初回以降も割引価格

 

 

定期コースは好きなタイミングでやめられるので、実質1か月分を連続で買うのと変わりありません。まずは1か月試してみようかな?と思った方は、定期コースの方が断然お得です。

 

過敏性腸症候群は乳酸菌の力を信じる!腸内環境を変化させていくことが大切!

 

乳酸菌革命は「様々な効果を持つ菌種」を「飲むだけで手軽に摂れる」ことが魅力のサプリメントです。

 

 

乳酸菌の働きによって、過敏性腸症候群の原因となる心身のストレス耐性をアップし、腸内悪玉菌の活動を抑えて辛いお腹の悩みがウソのようになります。。飲み始めは善玉菌の数が急に増えることで下痢になる場合もありますが、腸内環境が安定するにつれて治まっていくので心配ありません。徐々に腹痛や下痢などの状態でも実感できると思います。

 

 

個人的には、何かと変化の多い生活を送りながら効率的に腸活ができる点は非常に嬉しかったです。忙しい毎日の中で下痢症状を抱えてしまったという方は、ぜひ試してみて下さいね。

 

 

≪あなたの理想を叶える乳酸菌革命≫

このページの先頭へ